【大相撲九州場所】初V貴景勝 朝青龍に“完全スルー”された

【大相撲九州場所】初V貴景勝 朝青龍に“完全スルー”された
元横綱・朝青龍

 貴景勝と大関高安(28=田子ノ浦)が2敗同士で迎えた千秋楽。最後に賜杯をつかんだのは幕内最年少の若武者だった。先に貴景勝が錦木を下して13勝目。その後の結びで高安が関脇御嶽海(25=出羽海)に敗れ、貴景勝の初優勝が決まった。初土俵から26場所目の優勝は曙と並んで史上4位のスピード記録。22歳3か月での賜杯は年6場所制以降で6番目に若い。

 貴景勝にとっては激動の一年だった。昨年の九州場所で元横綱日馬富士(34)による兄弟子の幕内貴ノ岩(28)への傷害事件が発覚した。その後の対応などをめぐり、前師匠の元貴乃花親方日本相撲協会と対立し、9月場所後に退職。千賀ノ浦部屋へ移籍した。貴景勝は一連の騒動について「(真相を)知っているわけじゃない。現役力士は相撲で頑張るしかない」と、今も多くは語らない。

 しかし周囲で起きた騒動の大きさを考えれば、今回の優勝は快挙と言える。その一方で今場所は大相撲が抱える課題も浮き彫りにした。白鵬(33=宮城野)と鶴竜(33=井筒)の両横綱が初日から休場し、稀勢の里(32=田子ノ浦)も5日目から休場。3横綱が不在となる異常事態となった。大関陣も奮起できず、最後は格下の小結に賜杯をさらわれた。

 日本相撲協会の八角理事長(55=元横綱北勝海)は「横綱大関が30代になって休場が多くなった。今は過渡期」と指摘。その現状を象徴する出来事があった。今場所の中日が過ぎ、後半戦に入ってからのことだ。元横綱朝青龍(38)が所用のため福岡を訪れた。3日間ほどの滞在期間中に、旧知の関係者が朝青龍を九州場所の観戦に誘ったのだが…。優勝25回を誇る大横綱は全く関心を示さなかったという。関係者と元横綱の間で、次のようなやりとりがあった。


東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月27日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。