カンニング竹山はサンミュージックの“お笑いQB”

カンニング竹山はサンミュージックの“お笑いQB”
左から「メイプル超合金」のカズレーザーと安藤なつ、ダンディ坂野、カンニング竹山、スギちゃん

 お笑い芸人カンニング竹山(47)らが27日、都内で行われた芸能事務所「サンミュージック」グループの創立50周年記念式典に出席した。
 式典には同事務所の所属1号タレントで現千葉県知事の森田健作を始め、160人のタレントが出席。竹山やダンディ坂野スギちゃんお笑いコンビメイプル超合金」が囲み取材に対応した。

 リポーターから「一発屋再生事務所と言われていますが?」と問われた竹山は「言っとくけど、オレ、一発屋じゃないですからね!」とキレ芸で笑わせた。

「そういうふうに言われますけど、この人たち(ダンディ、スギちゃん)いまでも、そこそこもらってるんですよ、それが腹立ちますよね! 1回テレビに出て、そこからずっと食えてる。収入がゼロにならない」

 最後は竹山がレギュラー出演するTBS系情報番組「ビビット」のスタッフが「竹山さん、独立しないんですか」と祝賀ムードに水を差す質問に「そんな質問してるから、数字(視聴率)が伸びないんだよ! これは報道陣のみなさんちゃんと書いておいてくださいよ!」とキレてみせ、爆笑をさらった。

 いまや竹山はサンミュージック芸人の“司令塔”としても頼りにされる存在だが、そのお笑い芸人としての視野の広さは「趣味のNFL(アメリカンフットボールの最高峰リーグ)観戦にも通ずるものがあるそうです」とはあるお笑い関係者。

「笑いはチームプレーで生み出すもの。その感覚が『笑いは頭脳戦』と状況を的確に判断して瞬時にパスを出すQB(クオーターバック)を中心に敵陣ゴールに迫るアメフットと似ているとのこと。竹山さんは芸人としてボケたり、ある時はコメンテーターとして“ツッコミ”もできる。そのバランス感覚が、テレビからオファーが続く理由でしょうね」(前出関係者)。竹山の“お笑いIQ”は相当高いのかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

カンニング竹山のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「伊集院光」のニュース

次に読みたい関連記事「伊集院光」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。