【新日本】内藤 途中降板の怒りジェリコにぶつける!

【新日本】内藤 途中降板の怒りジェリコにぶつける!
SHO(下)にスイング式DDTを放つ内藤

 もはやベルト奪還しかない。新日プロレス内藤哲也(36)が怒りを爆発させた。開催中の「ワールドタッグリーグ」には不参加で、来年1月4日東京ドーム大会で挑戦するIWGPインターコンチネンタル王者クリス・ジェリコ(48)との前哨戦が組まれないまま、28日の茨城・水戸市民体育館大会で“お役御免”となったからだ。この不条理な責任をY2Jに押し付け、雪辱の思いを強めた。

 メインの6人タッグ戦をデスティーノで制した内藤は試合後、自身の起用法について改めて異を唱えた。シリーズ参戦はひとまずこの日の水戸大会までで、発表済みの12月7日秋田大会までの対戦カードに名前はない。“先発完投”を信条とする鉄腕が、余力を残しながら途中降板を余儀なくされた形だ。

「今シリーズだって、公式戦を押しのけて俺の試合がメインを務めることがほとんどだったわけで。それがいいこととは思えないけど、俺は任されたメインイベンターの役割は“プロフェッショナル”として果たしたつもりですよ。いったい新日本は明日からどうやって(以下略)」とグチグチ文句をたれ、NHKの人気番組出演で上がった株を急落させた。

 東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で2年連続のMVP男が“飼い殺し”という異常事態の元凶はジェリコと言っても過言ではない。世界的スーパースターは限定参戦が続き、今年の新日マットはわずか3試合の出場にとどまる。
 
 しかも6月の大阪大会で勝った前王者との再戦を時期尚早と拒絶しているが、内藤の立場からすれば「トランキーロ」ではいられない。
「『なんでまたアイツなの』。俺も他の選手に言ったことがあるし、気持ちは分かりますよ。でも年に2~3回しか出ないヤツに言う資格あるのかな? そんなペースに付き合ってたら、俺とまたやる前にあなた引退しちゃうんじゃないの?」


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら