【ゴールデン・グラブ賞】阪神・梅野が最下位から初受賞!来季は“梅バズーカ”旋風だ

【ゴールデン・グラブ賞】阪神・梅野が最下位から初受賞!来季は“梅バズーカ”旋風だ
阪神・梅野

 阪神梅野隆太郎捕手(27)が29日、プロ5年目で初の「ゴールデン・グラブ賞」に選出された。球団捕手では2010年城島以来、虎の生え抜き捕手としては1985年の木戸以来の受賞。自己最多の132試合に出場し、リーグ2位の盗塁阻止率・320をマークするなど飛躍の年となったが、捕手として最下位チームからの受賞はセ・リーグ初だ。

「この世界に入って取りたかった賞だったので大変嬉しい。使ってもらった監督(金本前監督)に感謝したい」。“一発屋”で終わる気はない。チームのV奪回はもちろんだが、個人目標では「この賞を2、3年と続けていきたい。歴史ある先輩たちに追いつき追い越せとやっていく」とキッパリ。まずは1974年“ミスタータイガース”こと田淵幸一氏以来の2年連続受賞を目指すという。

 この日の授賞式では同じ捕手で日本シリーズMVPに輝いたソフトバンク・甲斐拓也捕手(26)と再会。実は大学ジャパン時代に当時、鷹の三軍だった甲斐と意気投合し、二軍時代でもともに励ましあった間柄だった。それだけに「むこうは2回目だけど、今回同じように取り合えたのはうれしい。存在は刺激になっている」。“甲斐キャノン”に負けじと来年は“梅バズーカ”を浸透させる。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月29日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。