【ゴールデン・グラブ賞】広島・丸、菊池、田中 最後の「タナキクマル」揃い踏み

【ゴールデン・グラブ賞】広島・丸、菊池、田中 最後の「タナキクマル」揃い踏み
三井ゴールデン・グラブ賞の表彰式で揃い踏みした(左から)丸、菊池、田中

 29日に都内で行われた「三井ゴールデン・グラブ賞」の表彰式に広島の丸、菊池、田中の3人が出席した。最初で最後の「タナキクマル」揃い踏みだ。丸は「3人で取りたいと言っていたので、かなってうれしい」と喜びをかみ締めた。

 菊池は二塁で6年連続6度目の受賞に「打てないのでね、守備はっていう思いはある」。OBの山本浩二氏は外野手としてゴールデンの前身のダイヤモンドグラブ賞を1972年から81年の10年連続で受賞。「初めて取った時に(山本)浩二さんを抜くつもりでって言った記憶もあるので、その意識もあります」と話した。二遊間コンビの同時受賞は球団史上初だ。

 遊撃の田中はプロ5年目で初受賞。「一番取りたかった賞なので素直にうれしいです」と笑みを浮かべた。今回は二遊間だけでなく中堅手の丸も含めた3人で受賞。「センターラインがしっかりすれば強いチームになっていくと思うので、もっともっと意識してやっていきたいと思う」と気合を入れ直していた。

 残念ながら丸が巨人移籍を決断したことで最強のセンターラインは解体。来季はライバルとして勝負する。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年11月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら