巨人は 「ヤングマンのリリーフ」再考ないものか

巨人は 「ヤングマンのリリーフ」再考ないものか
来季はフル回転が期待されるメルセデス(左)とヤングマン

【赤ペン!!赤坂英一】大がかりな野手の補強も結構だが、結局巨人は来年も投手次第ではないか。特にメルセデス(5勝4敗、防御率2・05)、ヤングマン(3勝1敗、防御率2・77)ら、今季台頭した外国人の働きにかかっていると思う。

 今季、チーム防御率3・79とリーグ1位で唯一3点台を維持したとはいえ、先発ローテを守り抜いたのは菅野ひとり。補強戦力で期待されたFA移籍の野上は敗戦処理も同然。先発でノーヒットノーランを達成した山口俊も、終盤には抑えに回されたほど。

 そうした中、育成から支配下に昇格し、先発の一角に食い込んだのがメルセデス。年俸も270万円から855万円に上がったものの、これは同じドミニカン、広島・フランスアの今季年俸とほぼ同額。そのフランスアの来季年俸は4117万円プラス出来高なのだから、メルセデスとしては複雑だろう。

 メルセデスもフランスアも、広島がドミニカ共和国で経営するカープアカデミーに所属していたライバル同士。それが、メルセデスの方が解雇されて、巨人に拾われたという因縁もある。球団関係者はこう言った。

「ウチももっとメルセデスの給料を上げればよかったかもしれない。でも、彼のハングリーな性格なら、フランスアとの差をいい発奮材料にしてくれるはずです」

 年俸が8630万円から1億4100万円へ上がったヤングマンも、来季は開幕からフル回転が期待される。今季は外国人枠の関係で7月から一軍昇格すると、デビュー戦から3連勝。その直後、打球の直撃で左手を骨折しなければ、球威とコントロールの良さからして、2桁は勝っていたはずである。


当時の記事を読む

山口俊のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山口俊」に関する記事

「山口俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山口俊」の記事

次に読みたい「山口俊」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月5日の野球記事

キーワード一覧

  1. 山口俊 年俸
  2. 山口俊 暴力事件

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。