スーパー玉出・創業者逮捕の影響で「飛田新地」消滅?

 万博開催決定の影響か!? 大阪市西成区の“ちょんの間”料亭街「飛田新地」で、売春に使われると知りながら暴力団幹部側から店舗の賃料を受け取っていたとして、大阪府警捜査4課は3日、激安スーパーで有名な「スーパー玉出」創業者の前田託次容疑者(74)を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕した。先頃決まった2025年開催の「大阪万博の影響では?」との声がささやかれているが、どういうことなのか――。

 逮捕容疑は3~5月、飛田新地の料亭「銀河」(閉店)の賃料3か月分135万円を、売春の売り上げの一部と知りながら2回にわたり受け取った疑い。捜査4課は認否を明らかにしていない。

 同課によると、この料亭はスーパー玉出の店舗跡地にあり、土地・建物を同社や関連会社が所有。賃料はペーパーカンパニーを通じ、定期的に同社名義の口座に振り込まれており、2014年6月の料亭開業以降、総額2000万円の賃料があったとみている。

 同課は5月、料亭で女性従業員に売春させていたとして、指定暴力団山口組極心連合会幹部らを売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕しており、前田容疑者と暴力団との関係も調べている。

 スーパー玉出は、パチンコ店を思わせるド派手な黄色の外観と、激安セールで大阪人では知らぬ者がいないほどのインパクトを持つ有名店。府内を中心に40店舗以上を展開していたが、2年前にベトナムや中国籍の留学生の不法就労や従業員の長時間労働で前田容疑者らが書類送検されるなど、きなくさい話も多かった。今年7月に約45億円でスーパー事業を譲渡していた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「スーパー玉出・創業者逮捕の影響で「飛田新地」消滅?」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    7年後?大阪万博?誰も行かないって。

    2
  • 匿名さん 通報

    バカちょん!

    1
  • 匿名さん 通報

    ここの遊女らは好意前にシャワーも浴びないし不潔。顔はそれなりに綺麗でもアレが汚いもん。そんな状態なもんで性病も蔓延してると思う。遊女の質は吉原に比べれば高いだろうけど、やっぱ性病がヤバイよね。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク