巨人 山口オーナーが初めて口にした「ポスト原」の真意

巨人 山口オーナーが初めて口にした「ポスト原」の真意
ソフトバンク王会長(右)、御手洗燦燦会会長(左)らと鏡開きする原監督(代表撮影)

 巨人の“次期監督レース”が突然の幕開けだ。原辰徳監督(60)の「野球殿堂入りを祝う会」が10日、東京都内のホテルで開催され、安倍晋三首相(64)、OB会顧問の王貞治ソフトバンク球団会長(78)ら政財球界の重鎮がズラリ勢揃いした。時の総理大臣が“幻の政界オファー秘話”を披露するなど会は大いに盛り上がったが、最も注目されたのは山口寿一オーナー(61)による“ポスト原”への言及。球団トップの発言により、がぜんあるポストの行方が注目の的となってきた。

 これ以上ない豪華な顔ぶれが並んだ。タキシード姿で出席者に感謝を述べた原監督に続き、ゲストとして一番手にあいさつに立ったのは、なんと安倍首相だった。首相は神戸製鋼社員だったサラリーマン時代のエピソードを交えながら、若大将の足跡を称賛。また「こっちの世界(政界)に来てもらいたいなと思っておりましたが、巨人の監督になられましたのであきらめました」と本気とも冗談ともつかない話を披露し、会場を大いに沸かせた。

 首相の発声に続き、その後も壇上には王ソフトバンク球団会長、金田正一氏ら続々と重鎮が登場。読売グループの“総帥”渡辺主筆も頸椎骨折で8月に入院以来、初めて公の場に姿を見せた。現役からも愛弟子の阿部を筆頭に坂本勇主将、おいっ子の菅野選手会長らが駆けつけ、松井秀喜氏からはビデオメッセージが寄せられるなど、華やかな面々が会を彩った。

 原監督の軽妙なトークもあって笑いの絶えない会となったが、その途中には球団トップの聞き逃せない発言も飛び出した。会の発起人である山口オーナーが披露したのは、自ら監督就任を要請した際の秘話。同オーナーによれば、原監督は「コーチとして使いながら、ミスターは自分を次の監督として育ててくれた。大変な恩義を感じている。その恩を私はまだ返せていないんです」と話したという。また長嶋監督からバトンを受けた監督1年目に背負った83番をその場で希望したことも明かし「今回、原監督はヘッドコーチを置いていません。ヘッドコーチを空席にしています。背番号とヘッドコーチ、そのあたりに原監督の恩返しの気持ちが込められている、と私は思っています」と述べたのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 原辰徳 監督
東スポWebの記事をもっと見る 2018年12月11日の野球記事
「巨人 山口オーナーが初めて口にした「ポスト原」の真意」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    あらゆる意味で堀内恒夫が失敗しているのに?新監督や立候補を言うの?堀内以上に真っ黒な男で息子も真っ黒なんだけど。監督はさておき政治家は無理だろう。

    1
  • 匿名さん 通報

    安倍とかいうクズが顔出す様な会じゃマトモじゃないのは当然。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「原辰徳 + 監督」のおすすめ記事

「原辰徳 + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中畑清」のニュース

次に読みたい関連記事「中畑清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。