高橋祐也被告4度目でも執行猶予判決 今後はユーヤ&マーシーで活躍も

高橋祐也被告4度目でも執行猶予判決 今後はユーヤ&マーシーで活躍も
高橋祐也被告

 女優三田佳子(77)の次男で、覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた高橋祐也被告(39)の判決公判が13日、東京地裁(開発礼子裁判官)で開かれ、懲役2年6月、執行猶予5年の保護観察処分が言い渡された。

 起訴状によると同被告は9月9日ごろ、東京都渋谷区の自宅で覚醒剤を使用。検察は懲役2年6月を求刑していた。高橋被告の薬物逮捕は今回で4度目。2008年には懲役1年6月の実刑判決を受けていただけに、執行猶予付きの有罪判決とは意外だ。

 高橋被告は黒のジャケット、白のYシャツ姿で出廷。裁判官は「覚醒剤の常習性は顕著。本来ならば、実刑判決であってもおかしくない」と断罪したが、入手ルートの供述、薬物更生施設への入所を条件に執行猶予判決に至ったことを述べると、同被告は「はい」とうなずいた。

 この事件では同被告に覚醒剤を譲り渡した疑いで準暴力団「関東連合」の元メンバー、境谷誠容疑者が7日に逮捕された。

 高橋被告と親交の深い月刊誌「創」の篠田博之編集長は今回の量刑について「妥当だと思う。世間は『実刑にしろ』と言うだろうが、裁判所は前回の逮捕から10年空いたという部分を考慮し、5年という目一杯の執行猶予判決にしたのだろう」と語った。

 気になるのは同被告の今後だ。公判でも述べた通り、高橋被告は薬物依存克服のための民間団体「ダルク」から派生した「琉球ガイア」に入所中。ダルクといえば、高橋被告と同じく薬物事件で4度の逮捕歴がある元タレント・田代まさし氏(62)が現在は“広報役”を務めている。

「田代さんは講演会のほか、ネット番組にも出演し、覚醒剤の恐ろしさを世に広めている。高橋被告も知名度は十分。いずれ田代さんとコンビを組んで、薬物依存者には刑罰よりも適切な治療や更生施設が必要なことをアピールしていくのでは」とテレビ関係者。

“ユーヤ&マーシー”コンビで薬物対策をする日が来るかも。

あわせて読みたい

気になるキーワード

高橋祐也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2018年12月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高知東生」のニュース

次に読みたい関連記事「高知東生」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「清水良太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「清水良太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「橋爪遼」のニュース

次に読みたい関連記事「橋爪遼」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら