暴言騒動・とろサーモンM-1優勝も消される!? 地元・宮崎にも見放された

暴言騒動・とろサーモンM-1優勝も消される!? 地元・宮崎にも見放された
騒ぎの発端をつくった1人の久保田

 地元にも見放された――。お笑いコンビとろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、「M-1グランプリ2018」で審査員、上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた問題はいまだ収まる気配を見せない。それどころか、とろサーモンには、より強い逆風が吹いた。2人の地元・宮崎県の選挙管理委員会は13日までに、県知事選(23日投開票)の選挙公報や新聞広告に掲載する予定だったとろサーモンの写真を差し替えたのだ。地元にすら嫌われたとろサーモンは、昨年のM-1優勝すらなかったことにされかねないという。

 宮崎県選管は若者の投票率向上を目指し、若年層から人気のあるとろサーモンを投票啓発のキャラクターに採用していた。

 だが、選管によると告示日の6日から、投票を呼びかけるとろサーモンが出演するテレビCMが流れると「ふさわしくない」といった苦情が県に相次いで寄せられた。担当者は、差し替えの理由を「選挙への悪影響を考慮した」と語り、対応に大わらわの様子だ。

 選管は随時配布する選挙公報と、16日に掲載予定の新聞広告について、2人の写真を宮崎市にある県庁本館の写真に差し替えた。投開票日の前日に出す新聞広告も、写真の差し替えを検討。それだけではなく、宮崎市内にある物産館には、2人をモデルにした銅像を置いていたが、騒動を受けて13日に撤去した。

 とろサーモンは久保田、村田秀亮(39)の2人とも宮崎県出身。投票啓発のキャラクターに採用されたり銅像が建てられたりしたのは言うまでもなく昨年のM-1で優勝したおかげ。1年前は“宮崎の英雄”ともてはやされたが、暴言騒動で県に苦情が寄せられるほど、扱いが180度変わってしまった格好だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「とろサーモン + 上沼恵美子」のおすすめ記事

「とろサーモン + 上沼恵美子」のおすすめ記事をもっと見る

「とろサーモン + M-1グランプリ」のおすすめ記事

「とろサーモン + M-1グランプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「霜降り明星」のニュース

次に読みたい関連記事「霜降り明星」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. とろサーモン Instagram
  2. とろサーモン M-1グランプリ
  3. とろサーモン twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。