逮捕から1か月カルロス・ゴーン被告「5つの大罪」警鐘作家・濱野成秋氏が糾弾

逮捕から1か月カルロス・ゴーン被告「5つの大罪」警鐘作家・濱野成秋氏が糾弾
ゴーン容疑者の“罪”とは…(ロイター)

 日産自動車が役員報酬の決定を「会長に一任する」としてきた社内規定を廃止し「取締役会で決める」と変更したことが19日、分かった。日産の当時会長だったカルロス・ゴーン被告(64)が、役員報酬にまつわる金融商品取引法違反容疑で逮捕されてから19日で1か月。米国の経済史や会計学に詳しい警鐘作家の濱野成秋氏が「ゴーン5つの大罪」と糾弾すべく、緊急寄稿した。

 その1「陳腐な着せ替えトリックはだましの戦法」

 経営手腕は認めるが…という一般的評価。これは買いかぶりだ。ゴーンは日産をみじんも愛していなかった。帳簿上黒字を出せば重役たちはだまされよる。こう思ったか、彼の陳腐過ぎる会計学は単純に赤字を消すこと。主力の村山工場を閉鎖し、関連子会社の株を乱売して換金。縮小経営に切り替え帳簿上の負債を帳消しにして評価益を計上する手法で損益計算書だけはV字型黒字転換に見せかけた。

 人件費と敷地転売で身軽になる。このやり方は19世紀末の、労働法も何もないころのニューヨークの資本家がよくやった手口で、何の新鮮味もない。この種の“着せ替えトリック”は、現在でも無責任なコンサルタントや税理士がやる手口にすぎない。

 その2「地獄の『内攻型』締め付け経営」

 辣腕経営者なら彼自身の新機軸で車を売りさばいてキャッシュフローを促す。この純益志向をストラテジータイプと呼ぶ。一方、内部をいじり回す戦略をオペレーションタイプといい、そればかりに腐心するトップは会社の業績が悪いが意に介せず、やたら従業員を締め付ける。つまり前者は外攻型で会社を救うが、ゴーンのような内攻型は従業員を締め付け続け、都合の悪い従業員は配転させる。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。