【レスリング全日本選手権】川井友香子が姉妹Vに好発進

【レスリング全日本選手権】川井友香子が姉妹Vに好発進
拡大する(全1枚)
決勝進出を決めた川井友(右)

 姉へのエールは届くのか。レスリングの全日本選手権が20日、東京・駒沢体育館で開幕し、女子62キロ級では2018年世界選手権銀メダリストの川井友香子(21=至学館大)が21日の決勝に進出。22日の57キロ級に出場するリオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの姉、川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)との2年連続「姉妹V」へ向け好発進した。

 川井友は「東京五輪予選にもなってくるので内容よりも結果にこだわったが、とりあえず決勝まで進めてよかった」とまずはホッとした表情を見せた。ただし10月の世界選手権ではあと一歩のところで敗れ、59キロ級を制した姉との同時優勝を逃していることから「目標は自分一人のものじゃない。まずは自分が勝って梨紗子を勢いづけたい」と気を引き締めることを忘れなかった。

 あえて姉にゲキを飛ばす理由がある。川井梨には五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)と対戦する可能性があるからだ。日本では初となる五輪金メダリスト同士の対戦が実現すれば、世界中から注目が集まるのは確実。援護射撃をしたいのは当然だろう。

 来年9月の世界選手権、そして2020年東京五輪へ向け、最強姉妹の戦いが始まった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク