【レスリング全日本選手権】世界王者・高橋侑希が決勝進出「まだまだ負けられない」

【レスリング全日本選手権】世界王者・高橋侑希が決勝進出「まだまだ負けられない」
拡大する(全1枚)
決勝進出を決めた高橋侑希(右)

 レスリングの全日本選手権2日目(21日、東京・駒沢体育館)、男子フリー57キロ級は昨年の世界王者で今年の世界選手権3位の高橋侑希(25=ALSOK)が22日の決勝に進出した。

 高橋は「決勝までいかなければと思っていた。下の世代で強い選手が出てきているが、まだまだ負けられない。東京五輪につながる一歩なので、アドバンテージを得るためにあと1試合しっかり取りたい」と力強く語った。ただ、自分の動きがまだできていないということで「60~70点ぐらい。また計量があるので、食事など含めてリカバリーしたい」と厳しめの自己採点。

 決勝の相手、山口海輝(19=日体大)について「昨年の全日本準決勝で彼が高校生のときに当たって4—0で勝っているが、今回もどんな形になろうが勝ちたい」と気を引き締めた。

 男子フリー74キロ級では昨年の世界選手権70キロ級3位で今年はこの階級で出場した藤波勇飛(22=山梨学院大)が決勝進出。こちらも「決勝に進めはしたが全然100点じゃない。反省ばかり。準決勝はポイントで差は開いたものの、実力差はほとんどない」と悔しそうな表情。「決勝は自分の力を精一杯出して戦いたい」と力を込めた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク