【レスリング全日本選手権】川井梨紗子 伊調は「2年のブランクがあっても強い」

【レスリング全日本選手権】川井梨紗子 伊調は「2年のブランクがあっても強い」
拡大する(全1枚)
川井梨紗子(右)に逆転勝利した伊調馨

 レスリングの全日本選手権最終日(23日、東京・駒沢体育館)、女子57キロ級決勝で川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)は伊調馨(34=ALSOK)に逆転負けし、21日に62キロ級で優勝した妹・友香子(21=至学館大)との2年連続姉妹Vを逃した。

 残り10秒で片足タックルを決められて逆転を許した川井は「負けたっていう感じ」と言葉少な。伊調の印象を問われると「馨さんは馨さん。2年のブランクがあっても強い」と語り、最後は「オリンピックを目指すのは変わりないので頑張らないといけない」と言い残し、足早に引き揚げた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク