【フィギュア】高橋大輔「世界選手権辞退」がフィギュア界に与える影響

“大ちゃん”健在は証明した。フィギュアスケート全日本選手権最終日(24日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の男子フリーで、今季から現役復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダルでショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(32=関大KFSC)が151・10点で合計239・62点。3連覇した平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21=トヨタ自動車)には及ばなかったが、2位と健闘した。一方で来年3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の代表を辞退。この判断がフィギュア界に与える影響とは――。

 これが千両役者の存在感というものか。五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)がケガで不在の今大会、強烈な光を放ったのが高橋だ。2014年ソチ五輪を最後に引退したが、昨年の全日本選手権で躍動する後輩たちを見て心が熱くなり、現役復帰を決意。10年の世界選手権V、12年のGPファイナルVと実績は言うまでもないが、人気面でも他の追随を許さない。声援や拍手の大きさは圧倒的だ。

 フリー当日の公式練習に登場すると会場は「大ちゃん!」の大合唱。フリー本番の演技が始まれば、観客席はカラフルな応援タオルで彩られる。「結果を求められてないし、自分のためにやる」という言葉とは裏腹に、終わってみれば宇野に次ぐ2位。疲れが出たフリーの後半にジャンプでミスが続いたが、フィギュア関係者が「始まって3秒で引き込まれる」と言う、表現力の高さでファンを魅了した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク