【レスリング全日本選手権】伊調馨 五輪5連覇いける!

 2020年東京五輪への道は見えたのか。女王対決で注目を集めたレスリングの全日本選手権(東京・駒沢体育館)女子57キロ級は、決勝(23日)で五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)がリオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)に逆転勝ちし、3年ぶり13度目の優勝。劇的Vで完全復活を果たしたが、東京五輪で前人未到の5連覇達成へ向けてカギを握る今後の課題とは――。

 22日の1次リーグ初戦で川井梨に敗れた伊調は、決勝でも劣勢が続いた。1―2でリードされ、このまま試合終了かと思われたが、残り10秒で起死回生の片脚タックルを決めて大逆転。3―2で五輪女王対決を制し、劇的な復活優勝を飾った。

 日本レスリング協会の強化本部長だった栄和人氏(58)による伊調へのパワハラ問題が大騒動に発展。リオ五輪から2年のブランクを経て10月に復帰した。「レスリングがやれていることに幸せを感じる一年でした」と振り返った。

 来年6月の全日本選抜選手権でも優勝すれば世界選手権(来年9月、カザフスタン)代表となり、東京五輪代表に大きく前進する。その先の五輪5連覇も見えてくる一方で「これだけで安泰とは言えない」と明かしたのが、伊調が所属するALSOKの大橋正教監督(54)だ。

「昨日(22日)までが7割程度で、今日(23日)の(決勝の試合時間)6分は一瞬だけ昔に戻った。それは気迫だったり、彼女の持っている闘争本能だったんだと思う」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「レスリング」に関する記事

「レスリング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レスリング」の記事

次に読みたい「レスリング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク