ソフトバンク・甲斐 異例の1ゴネで1000万円アップ

ソフトバンク・甲斐 異例の1ゴネで1000万円アップ
ガンキャノンのコスプレをする甲斐

 ソフトバンクで最も旬な男、広島との日本シリーズではMVPに輝いた甲斐拓也捕手(26)が26日、ヤフオクドームで2度目の契約更改交渉に臨み、2500万円増の年俸6500万円(推定)でサインした。前回は1500万円アップの提示を保留。そこから1000万円もの上積みをゲットした。

 いくら資金力のある球団とはいえ、ベースとなる昨季年俸4000万円からの“1ゴネ1000万円”は異例だ。今や「甲斐キャノン」といえば全国区だが、今季は出場133試合で打率2割1分3厘、7本塁打、37打点。代打を送られる機会も多く、規定打席も未到達だった。

 自慢の強肩で日本シリーズでは6連続盗塁阻止の活躍を見せたが、勝ち試合すべてで抑え捕手・高谷が登場しており、球団関係者も甲斐の査定に関して「相当厳しいものになる」としていた。

 それがなぜ“大甘提示”となったのか? 三笠球団統括本部長は「こちらの提示と本人のイメージしている金額を考え合わせてのもの」と言い、別の球団フロントは「来季、気持ちよくやってもらわないといけない。わだかまりを残しても仕方がない。そのために歩み寄った額ということ」と話した。

 打率や打点などの打撃成績と違い、捕手の守備に関する評価は難しい面がある。それでも「査定で出ている」のひと言で突っぱねることも可能だったが、今オフは活躍を続けている主力級と次々に破格の契約を結んだ。甲斐の場合は実質2年目ながら、捕手は中長期的に見ても要となるポジションで、今回は人気の高さも踏まえた格好だ。

 今春のキャンプでは王球団会長から「打撃が一番カネになるんだぞ」と打撃指導を受けた。もちろん甲斐も「(来季は)もっと打たないといけない」と、その気だ。

あわせて読みたい

甲斐拓也のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「甲斐拓也 + 年俸」のおすすめ記事

「甲斐拓也 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中島卓也」のニュース

次に読みたい関連記事「中島卓也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月27日の野球記事

キーワード一覧

  1. 甲斐拓也 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。