原監督 第3次政権好発進へ「ヨガ友健康法」で自身も補強!

原監督 第3次政権好発進へ「ヨガ友健康法」で自身も補強!
原監督は来季に備え自身もパワーアップ
       

 巨人・原辰徳監督(60)が、意外な健康法を実践していることを明かした。“全権監督”としてスタートした第3次政権は、丸、中島、岩隈、炭谷と国内外から戦力を次々補強。積極的にチーム再建に動き、ストーブリーグの主役となった。そんな若大将が、朝夕欠かさず行っているというトレーニングとは――。

 4年ぶりに巨人のユニホームに袖を通した原監督。第1次政権時の背番号83を背負い「過去の数年は自分の中では捨てている」と、若々しい新人監督の気持ちで指揮を執る決意でいるが、若いのは気持ちだけではなかった。実は体型も、前政権時よりスリムになっている。

 原監督も「スリムになったでしょ?」とニヤリ。そして唐突にこう続けたのだ。「『ヨガ友』って知ってる? それを今もやっている。あれはとてもいい」。

 ヨガ友とは、現在トルコリーグでプレーしている、サッカー日本代表DF・長友佑都(32)が考案した自己流のヨガ。体幹トレーニングとストレッチをミックスしており、ヨガ本来の心身のリラックス、体を柔らかくする、というだけでなく「鍛錬」の要素もプラスされたオリジナルだ。自身が監修した本も発売されている。指揮官はそれを毎日、朝夕実践していたという。

「自分が決めているのを一通りやると、30~40分くらいになる」そうだが、その効果もあって筋力アップとスリム化に成功。「3年前はゴルフやっても飛ばなかったけど、飛ぶようになった」とも。今年、シニアツアーに挑戦し善戦したが、“ヨガ友トレ”がその一助になっていた。現在も健康維持のため、継続して取り組んでいるという。
 若大将も今年で還暦を迎えるが、チーム再建、そして日本一奪回は待ったなしの状況。厳しい戦いが待っている。巨費を投じて戦力を補強した以上、無様な成績は残せない。5年連続V逸となれば一転、つらい立場に立たされる。

 ヨガ友効果をひとしきり語った原監督は最後にこう声を上げた。「鍛えないかんで。さびてても鉄は熱くなるぜ!」。強靭な肉体と精神で、2019年シーズンに備える。

あわせて読みたい

原辰徳のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「小久保裕紀」のニュース

次に読みたい関連記事「小久保裕紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋山幸二」のニュース

次に読みたい関連記事「秋山幸二」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月30日の野球記事

キーワード一覧

  1. 原辰徳 監督

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。