日本ハム・吉田輝星が語った“初夢”

日本ハム・吉田輝星が語った“初夢”
本紙の独占インタビューで大いに語った吉田

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手(17=金足農)が本紙の単独インタビューに赤裸々告白だ。プロと大学の間で揺れた進路の葛藤、現状の課題、目指す将来像から結婚観まで、余すところなく大いに語った吉田。いよいよプロとしての年明けを迎えたみちのくの侍が、新年早々高らかに語った“初夢”とは――。

 ――ドラフト当時を振り返って、改めて現在の心境は

 吉田 ドラフトは外れ1位という悔しさはあったんですけど、それよりもうれしかったというのがすごく大きかったです。ホッとしたというか。今の結果は高校3年間頑張ってきた結果。人生の中で挑戦し続けてきましたが(プロ野球は)一番大きな挑戦になる。後悔はしていません。

 ――進路のことでは葛藤もあった

 吉田 甲子園や国体で自分の力を発揮できたことが大きかった。ほぼ毎日、家族会議でしたね。両親には「プロで自分の力を試したい」という言葉だけを繰り返していて、父からは「野球が終わった後のほうが人生が長いんだから、その後のこともしっかり考えろ」と言われてました。自分は甲子園の前から大学がほぼ決まってた状態で、それでもそこで自分が満足してしまったらチームは落ちていく一方なので、プロに行くつもりで練習していた。強豪校を相手にストレートで抑えられたのが自信になりました。

 ――注目を浴びることに戸惑いは

 吉田 最初はそんなに注目されてなかったので「やっときたなー」みたいな感じ。勝って注目されてきたら注目以上にやってやろうという感じでした。僕もそうなんですけど、全体的に目立ちたがり屋が多いので、それがモチベーションになっていた。ファンレターとかもけっこうあったみたいですし、野球で注目されてたいなというのはずっとあります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュース

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。