阪神・川藤OB会長が貴重アドバイス 「一日24時間どう使うかや!」

阪神・川藤OB会長が貴重アドバイス 「一日24時間どう使うかや!」
集まった新人選手に話をする矢野監督

 阪神・矢野燿大監督(50)が10日、西宮市内で行われた新人合同自主トレを視察した。緊張の面持ちのルーキーたちに「どういう選手になりたいのかを思ってほしい。うまいやつが生き残るわけではない。どんなことがあっても『俺がやったる!』と思っている人が活躍する。同世代だと金本前監督や下柳を見てもそう。自分で変えられるところはいっぱいある」と猛ゲキを飛ばした。同じく金の卵たちの練習を見守った「浪速の春団治」こと川藤幸三OB会長(69)もルーキーに貴重なアドバイスを送った。

「大事なのは時間に使われるんではなく、自分でどう使うかだ。それが分かればこの世界での飯の食っていき方が分かる。こうせい!ああせい!と言われているうちはダメ」と熱弁。自主的な取り組みの重要性を説いた。これは虎ナインに広がる“指示待ち”の傾向を憂慮してのことだ。金本前監督時代は若手育成のために、ウエートトレーニングなどの目標値などが課され、メニューも事細かに設定。それにより大山、糸原らが芽を出し始めた。ただ、その一方でチーム内では「指示を受けないと、自分で何をやったらいいか分からない選手もいる。そこから次の段階にいかないと」(球団関係者)と心配する声も上がっている。

「昔は藤田平さんも決まって夜中の9時になったら寮の屋上で素振りをしていた。一日24時間をどう使うかや!」と力説する川藤会長の声はルーキーたちに届くか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月11日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。