ビジュアル系演歌歌手・最上川司 純烈・友井のスキャンダルに「残念としか言いようがない」

ビジュアル系演歌歌手・最上川司 純烈・友井のスキャンダルに「残念としか言いようがない」
一日店長を務めた最上川

 2015年にデビューしたビジュアル系演歌歌手・最上川司(年齢非公表=山形県河北町出身)が11日、東京・世田谷区三軒茶屋の同町アンテナショップ「かほくらし」で一日店長を務めた。

 最上川はビジュアル系バンド「THE MICRO HEAD 4N’S」でドラムを担当しつつ、演歌歌手として活動中。同地のご当地グルメのテーマソング「司の冷たい肉そば音頭」を歌っており、「やまがた特命観光・つや姫大使」「かほく冷たい肉そば大使」を務める。

 イケメンの演歌系といえば、“スーパー銭湯アイドル”の5人組ムード歌謡グループ「純烈」が昨年、夢をかなえて初の紅白出場を果たしたことが記憶に新しい。

 だが、元関西ジャニーズJr.で、元仮面ライダーギルスだったメンバーの友井雄亮(38)は「週刊文春」に同居女性への家庭内暴力や度重なる浮気、別の女性の3000万円を使い込んだことを報じられ、この日の謝罪会見でグループ脱退と芸能界引退を発表した。

 メンバーの小田井涼平(47)と親交のある最上川は「皆さん、本当に頑張っていらっしゃるので、ニュースを聞いて残念としか言いようがない」と心配そうな表情を浮かべた。「孫」を大ヒットさせた郷土の英雄・大泉逸郎(76)に憧れ、紅白出場の夢を胸に上京した最上川にとって、純烈は最も身近な目標だっただけに、ショックは大きいようだ。

 最上川は1999年にビジュアル系バンド「D’espairsRay」でメジャーデビューしたものの、ブレークすることなく2011年に解散という挫折を味わった。

 それだけに、音楽業界の厳しさは身に染みている。「歌の世界は生やさしいものではないし、紅白出場はそうやすやすとかなうものではない。でも、自分が作詞作曲した曲には自信があり、手応えも感じている。いつかは夢に到達できると信じている」という。今度こそ大ブレークなるか!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。