日清陸上部「駅伝撤退」の重大波紋 東京五輪1年半前に名門にいったい何が

 年明け早々、陸上界に激震が走った。日清食品グループは11日、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)を2度制した強豪・陸上競技部を縮小し、駅伝から撤退することを発表。東京五輪マラソン代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、9月15日)の出場権を獲得済みの佐藤悠基(32)、村沢明伸(27)を除く12選手が退部を余儀なくされた。東京五輪を1年半後に控えた中での決断は大きな波紋を広げているが、この影響は陸上界だけにとどまるのか――。

 1995年創立の同社陸上部は、アテネ五輪マラソン6位の諏訪利成(41=現コーチ)ら五輪選手を輩出。マラソン日本記録保持者の大迫傑(27=現ナイキ)も所属の過去があり、長らく日本長距離界をけん引してきた。財団を通じた若手の海外挑戦支援、小学生大会への協賛の実績もあるだけに、各方面に少なからぬ影響を及ぼしている。

 日本陸上競技連盟の麻場一徳強化委員長(58)は「びっくりしている。アスリートの受け皿も小さくなる。東京五輪も近いので残念」と困惑を隠せない。ある実業団監督は「他の実業団チームに影響を及ぼす可能性も否定できない」と懸念。また、同部の中谷圭佑(24)は「新しい環境を探しつつ引き続き頑張る」、青山学院大の原晋監督(51)も「追随するチームが出ないことを願う」とそれぞれツイッターで思いをつづった。

 本紙の取材に対し、同社広報は「さまざまな環境が変化したことから、世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制に切り替えることとなりました」との方針を説明。入社を予定していた大学生2選手については「内定取り消しという報道が見受けられますが、そういった表現は当社としてはつらいです」と悲痛な思いを吐露しつつ「十分な練習の環境を提供することができなかったため、他のチームで活動できるよう関係各所と調整中。誠心誠意、対応していきます」と新天地が決まるまで支援するという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月12日のスポーツ総合記事
「日清陸上部「駅伝撤退」の重大波紋 東京五輪1年半前に名門にいったい何が」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    どの種目も実業団はいらないのでは?関心が低く、宣伝効果だけで見れば企業にとって負担。所属企業の一部の社員のみ応援か?スポーツ後進国ともいえる。

    3
  • 匿名さん 通報

    陸上部(駅伝)、野球部が有名な企業は、精神論が根付いているのでブラック企業が多いと思ってよい。(ユニクロ、陸上部。西濃運輸、野球部。その他)

    2
  • 匿名さん 通報

    都市対抗野球も関心のある人極めて少ないのでは?

    1
  • 匿名さん 通報

    山崎製パンは、アルバイトを怒鳴って過重労働させて、スポンサー資金を調達してニューイヤー駅伝を応援してまいります。(見てる人いるの?)

    1
  • 匿名さん 通報

    会社が丸ごと体育会系なのだ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。