市川海老蔵が団十郎襲名!「計り知れない重み」発言の裏に亡き父の一喝

市川海老蔵が団十郎襲名!「計り知れない重み」発言の裏に亡き父の一喝
拡大する(全1枚)
市川海老蔵

 いっそう気が引き締まる父の“遺言”だ。歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が、江戸歌舞伎を代表する大名跡で市川宗家の「団十郎」を十三代目として2020年5月に襲名すると、松竹が14日に発表した。市川団十郎白猿(はくえん)を名乗る。この日、都内の歌舞伎座で会見した海老蔵は「計り知れない重み」と表明。覚悟のほどを示してみせたが、その発言の裏には「あの事件後の父の喝!」があった。

 会見で海老蔵は「歌舞伎界にとって大きな名跡。己の命の限り、懸命に歌舞伎に生きていきたい」と意欲を語った。「市川新之助」の八代目を襲名する長男・堀越勸玄くん(5)も同席し「どうぞよろしくお願いいたします」とハキハキとあいさつした。

 団十郎という名跡について海老蔵は「とても大きな名前」「計り知れない重み」などと繰り返した。また、最も襲名を伝えたかった人については、13年に亡くなった父・十二代目団十郎さん(享年66)と、一昨年亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)の名を挙げ「一番伝えたかった2人にじかに伝えられないのは大きなこと」と悔やんだ。この日も会見に出かける前、麻央さんに「そういう日が来たよ」と手を合わせて報告したと明かした。

 襲名披露興行は20年5月から、歌舞伎座の3か月連続公演に始まり、11月に福岡、21年2月に大阪、4月に名古屋、11月に京都のほか全国各地を回る予定で、華やかで大掛かりなものになりそうだ。

 海老蔵といえば、10年11月、東京・西麻布の飲食店で元暴走族の男に暴行を受け、重傷を負ったことが当時、大きな話題になった。もちろん被害者ではあったが、トラブルになった原因は海老蔵の振る舞いにもあったといわれた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク