【アイスリボン】プロレス大賞・女子プロレス大賞 藤本つかさが描く近未来図

【アイスリボン】プロレス大賞・女子プロレス大賞 藤本つかさが描く近未来図
藤本は透き通るような空に向け業界底上げを誓った

【飛翔の年・特別連載8】東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」受賞者が19年の展望を語る特別連載「飛翔の年」第8回は、女子プロレス大賞を初受賞したアイスリボンの藤本つかさ(35)だ。デビュー10周年イヤーの昨年はJR山手線内での試合や電流爆破デスマッチ出場など、さまざまな手法でプロレスを世に広めた。新エースが現状を分析した上で描く女子プロ界の近未来図とは――。

 ――昨年を振り返って

 藤本 デビュー10周年が後押しし、一選手として行かないといけないという気持ちにさせてくれた年でした。やりたいことは全部やりましたね。

 ――女子のエースになった

 藤本 受賞したことで会う人、会う人に言われ「あっ、そうなんだな」って自覚しました(笑い)。今後はそう思わなきゃいけないなって。

 ――これまで紫雷イオ(28=WWE)が女子のエースと言われた

 藤本 正直、そこまで意識してなかった。ただ、いろいろな人と話をするとイオさんは頻繁に出てきたし、全体を見渡せる視野の広い人だったんだろうなと。視野が広いのは共通点だと思うけど、私は別物。藤本つかさなりのやり方で業界を引っ張ります。

 ――昨年大みそかにICE×∞王座を失った

 藤本 すみません…。やっぱりベルトが欲しいですね。狙わないとレスラーとして戦っている意味がないですし。

 ――今年の展望は

 藤本 リング外にプロレスを広めるためにコスチュームを着て大暴れしたり、露出していこうというのは常にあります。例えば富士山でもやりたい。あとは女子サッカーとのコラボ。私には2006年から続けているフットサルがありますし。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。