MF乾貴士 アラベス移籍が濃厚に

 スペイン1部ベティスの日本代表MF乾貴士(30)が同アラベスに移籍することが濃厚となった。同国バスク自治州の公営放送局「EITB」によると、現在リーグ5位につけているアラベスが、来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権(4位以内)獲得に向けて乾に白羽の矢を立て「両クラブと選手が(移籍で)合意した」という。

 昨季まで同1部エイバルでプレーした乾は昨年7月に3年契約でベティスへ移籍。しかし昨夏のロシアW杯で見せたような活躍ができず、最近はベンチ入りもできない状態が続いていた。昨年末から移籍報道も出ていた中で、ベティスがわずか半年で日本人アタッカーの放出に動いた。これには、ある事情がある。

 実は獲得に動くU―20ブラジル代表DFエメルソン(19)をバルセロナと共同で保有するプランがあり、早急に3つあるEU圏外枠(外国人枠)を空けなければならなかったからだ。そこで外国人の中で出番の少なかった乾が“犠牲”になった格好。アジア杯後には新天地でプレーすることになりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 乾貴士 ベティス
  2. 乾貴士 日本代表
  3. 乾貴士 評価
東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「乾貴士 + ベティス」のおすすめ記事

「乾貴士 + ベティス」のおすすめ記事をもっと見る

「乾貴士 + 日本代表」のおすすめ記事

「乾貴士 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「イニエスタ」のニュース

次に読みたい関連記事「イニエスタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。