リベラ氏  史上初の満票で米野球殿堂入り

リベラ氏  史上初の満票で米野球殿堂入り
歴代最多の652セーブをマークしたリベラ氏

 米国野球殿堂は22日(日本時間23日)、今年の殿堂入りメンバーを発表した。ヤンキースで歴代最多652セーブを挙げたマリアノ・リベラ氏(49)が資格1年目で史上初の満票で受賞した。2017年11月に搭乗していた小型機が墜落して40歳で死去した故ロイ・ハラデー氏も資格1年目で選出。マリナーズで通算2247安打を放ったエドガー・マルティネス氏(56)は資格最終年で願いがかなった。オリオールズ、ヤンキースで活躍した通算270勝右腕マイク・ムシーナ氏(50)は6年目で選ばれた。殿堂入りは全米野球記者協会に10年以上所属する記者の投票で決まり、今回は全425票の75%以上の得票が必要だった。

 リベラ氏は2016年のグリフィーJr.氏の99・3%を上回り、史上初の満票で選出された。レギュラーシーズンだけではなく、ポストシーズンでも最多の42セーブを挙げている。異論はないだろう。ただ、ウスター・テレグラム&ガゼット紙でレッドソックス番記者を務めるビル・バルー氏は昨年12月22日(同23日)の同電子版でリベラ氏に票を入れなかったことを公表。米ヤフー・スポーツは「投票者のスタンドプレーだ」と厳しく批判していた。他の選手にも票を入れず白票としたため、無効票とされたようだ。

 ハラデー氏はア、ナ両リーグでサイ・ヤング賞に輝き、通算203勝をマークし完全試合も達成した。ブルージェイズ時代の2003年3月31日、ヤンキース・松井秀喜氏(44)のメジャーデビュー戦に先発。初回の第1打席で左前に運ばれ、初安打、初打点を献上している。松井氏は当時、「最も打ちにくい投手」と敬意を表していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マリナーズ イチロー
  2. マリナーズ 岩隈久志
  3. マリナーズ 開幕戦
東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マリナーズ + イチロー」のおすすめ記事

「マリナーズ + イチロー」のおすすめ記事をもっと見る

「マリナーズ + 岩隈久志」のおすすめ記事

「マリナーズ + 岩隈久志」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。