巨人ナインの長野ロスが深刻 カープユニフォーム姿に複雑な思い

記事まとめ

  • 広島に移籍した長野の入団会見を目撃したGナインが複雑な思いを話した。
  • 巨人主将の坂本勇は「まだ見慣れないですね」などとコメント。
  • 陽岱鋼によると長野の「気配りは本当にナンバーワン」だったという。

巨人に感染拡大 長野ロス 

巨人に感染拡大 長野ロス 
マツダスタジアムでポーズを取る長野

「チョーさんロス」が深刻だ。巨人から人的補償で広島に移籍した長野久義外野手(34)の入団会見が23日、マツダスタジアムで行われ、カープのユニホーム姿を目撃したGナインはしんみり。再び喪失感が広がったが、“宴会部長”としても気配りを欠かさなかった男の後継者は現れるのか。グラウンド外のポスト長野問題も浮上している。

 目の前に突きつけられた現実に、巨人ナインの間に再び複雑な思いがこみ上げた。長野の入団会見が行われたこの日、ジャイアンツ球場には国内外の各地での自主トレを終えた選手たちが続々と集結。誰もが注目していたのは、唐突にチームを去ることになった長野の新たな門出だった。

「サカチョーコンビ」として巨人の中心でチームを支えてきた主将・坂本勇は、赤のネクタイを締め、カープのユニホームと帽子をまとった長野の姿を目にして「何て言ったらいいか…。まだ見慣れないですね。後で連絡しときます」と慎重に言葉を選んだ。長野と同じ外野手の陽岱鋼も「かっこいいよ。似合ってる。でも、巨人のほうが似合ってるかな…」と、どこか寂しげだ。

 ほかにも「違和感が半端ないですね」「想像していたより似合ってる」とさまざまな反応が上がった。分かっていたこととはいえ、本当に広島の人間になったと改めて思い知らされたようだ。

“宴会部長”としての「長野ロス」も浮き彫りになった。2016年オフに日本ハムからFA移籍した陽岱鋼は当時をこう振り返った。「僕が来た時も歓迎会を開いてくれて、チョーさんもそうだし(坂本)勇人や内海さんが本当によくしてくれた。(新天地に飛び込む上で)不安はもちろんあるわけで、ありがたかったですね。(長野には)『ジャイアンツでは30分前に行動しないとダメだよ』と教えてもらいましたし」


あわせて読みたい

長野久義のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「長野久義 + 年俸」のおすすめ記事

「長野久義 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「長野久義 + 広島」のおすすめ記事

「長野久義 + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュース

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月24日の野球記事

キーワード一覧

  1. 長野久義 年俸
  2. 長野久義 広島

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。