レーダー照射問題で韓国公開映像の「哀れみ」レベル これが自衛隊「威嚇飛行」の証拠!?

 韓国国防省は24日、韓国軍艦艇に海上自衛隊の哨戒機が低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと主張している問題で、23日に撮影したとする飛行中の哨戒機の画像などを公開した。韓国側主張に沿うレーダーが測定した哨戒機の高度や距離が記された画像も含まれる。国防省関係者は「機械はうそをつかない」と語り、韓国の主張を裏付けると強調したが、専門家は「これのどこが証拠画像なのか? 哀れみを感じるレベル」と切って捨てた。

 画像を見た岩屋毅防衛相は24日、防衛省で記者団に「威嚇飛行をした」との韓国国防省の主張を重ねて否定。韓国側は自らの正当性を国内外の世論に広く訴える狙いとみられるが、対立がさらに深刻化する恐れがある。

 韓国国防省は23日、「哨戒機が艦艇から距離約540メートル、高度約60~70メートルまで接近した」と主張。一方、日本側は「高度150メートル以上」としている。

 さらに韓国国防省は24日、艦艇から23日午後2時ごろにビデオカメラで撮影した映像のキャプチャー画像など5枚を公開。飛行する哨戒機のほか、対空レーダーの情報を撮影した画像には哨戒機の高度200フィート(約60メートル)、距離は約540メートルとの記載があった。

 国防省は当初、動画の公開を検討していたとされるが、同省関係者は「レーダー情報は確実なものだ」として画像だけで十分との認識を示した。

 哨戒機は全長約35メートル。艦艇のアンテナが写り込んでいる画像には海面が写っていないため正確には分からないが、海面の位置を想定すると、画像(本紙掲載写真とは別)によっては哨戒機を縦にして5機分(約175メートル)はありそうに見える。それを「高度約60メートル」と説明するのは理解に苦しむ。科学データに忠実でなければならない国防省が、よくぞ、こんなひどい画像を証拠として公開したものだ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月25日の社会記事
「レーダー照射問題で韓国公開映像の「哀れみ」レベル これが自衛隊「威嚇飛行」の証拠!?」の みんなの反応 478
  • 匿名さん 通報

    韓国に行っている支援は全て今直ぐ止めましょう。韓国人の入国も許してはいけません。

    86
  • 匿名さん 通報

    以前から日本と韓国は「近くて遠い国」と呼ばれていたが、現在では、 【近くても関わりたくない国】に変わってしまったね。

    53
  • 匿名さん 通報

    メンツにこだわりすぎて嘘に嘘を塗り固め後戻り出来なくなった愚かな韓国政府。メンツにこだわるのは儒教の影響なのかな…。いずれにしろ子供じみた政府だよ。

    48
  • 匿名さん 通報

    洋上飛行では最低安全高度という概念はなく、単に船舶から半球500フィート(150メートル)以内に近づくな、という決まり。高度にいちゃもんをつける韓国側の主張は根拠がない。

    44
  • 匿名さん 通報

    朝鮮のデマは、日々の糞と同じだ。

    31
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。