合同自主トレ合流 隠密マイペース男・中島のGナビゲーターは?

合同自主トレ合流 隠密マイペース男・中島のGナビゲーターは?
巨人には“同期入団”となる丸と話す中島(右)。左奥は亀井

 巨人の一軍合同自主トレが28日から宮崎で始まり、オリックスから新加入の中島宏之内野手(36)が初合流した。巨人流の練習方法に戸惑いを見せながらも“隠密トレ”を行うなどあくまでもマイペース。そんな中島の「Gナビゲーター」として同郷の後輩で主将の坂本勇に加えて、亀井の名前も浮上している。

 初日から自然体を貫いた。中島は練習の序盤に「(手が空いている選手が)誰かいてる?って聞いたら、丸が『お願いします』と。じゃあ、やろうということで」とニューフェース同士でキャッチボール。屋内施設に場所を移しての打撃練習では、他の選手がマシン相手に打ち込むなか、単独行動。周囲が幕で覆われ、外部から遮断された打撃スペースに約1時間こもり、黙々とティー打撃をこなした。その目的については「理由はないですよ。ケージがあったので、いいスペースを見つけたなと。集中できる? はい」と、あっけらかんと説明した。

 そもそもオフの行動からして独自路線だった。昨年11月下旬の入団会見後は公の場から遠ざかり、米国ロサンゼルスを拠点に自主トレ。連日、ジャイアンツ球場を訪れて自主トレに打ち込み、周囲と積極的にコミュニケーションを図った丸とは対照的に、現地での練習を公開することなく、宮崎合同自主トレもチームとは別便で現地入り。この日がようやく“巨人デビュー”となった。

 チームになじむ点では丸に後れを取った上、事前に巨人特有のルールなどについて入念にリサーチした形跡も見当たらない。中島は「合同自主トレが、どんな感じで始まるかも分からず来たので。アップでいきなり走りだすんやなと。(西武時代に同僚だった)野上に『先に教えとけよ。そんな情報ないやんけ』とアップ中に言っておいた。早めに来といてよかったわ」と苦笑いだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月29日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。