【米男子ツアー】 松山英樹 飛距離復活でVなしの昨季から上昇気配

【米男子ツアー】 松山英樹 飛距離復活でVなしの昨季から上昇気配
今季の松山はティーショットも武器となった(ロイター=USA TODAY Sports)

 男子ゴルフの米ツアー「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」で松山英樹(26=LEXUS)が通算16アンダーの3位に食い込み、優勝なしに終わった昨季からの復調を感じさせた。

 3位以内に入るのは現時点で最後の優勝となっている一昨年8月の世界選手権シリーズ「ブリヂストン招待」以来、約1年半ぶり。本人も「今年スイングをちょっと見つめ直した。いい成績が出たのでほっとしている」と手応えを口にした。

 松山の武器といえば、なんといっても精度の高いアイアンショットだが、今大会では平均飛距離でも311・6ヤードで出場選手中9位とトップクラスの数字を残した。飛距離を争う競技ではないとはいえ、世界ランキングの上位には飛ばし屋が並んでいるのが現実。コースに左右されず、安定して上位で戦うためには飛距離が必要なのは間違いない。

 過去3シーズンを振り返ると、松山の平均飛距離は294・5ヤード(65位)↓302・9ヤード(27位)↓302・0ヤード(49位)。一昨年、飛距離を大きく伸ばして、上位に名を連ねたが、ほぼ横ばいだった昨季は大きく順位を落とした。ツアー全体の飛距離はそれだけ伸びているということだ。今季は308・4ヤードと松山も再び飛距離を伸ばし、世界ランク1位で「ファーマーズ」を制したジャスティン・ローズ(38=英国)と並ぶ17位。世界のトップレベルに返り咲く準備が整いつつある。

 世界ランクは先週の33位から26位に上昇したが、一時は2位まで上り詰めた松山としては満足できる位置ではないだろう。今週は2度の優勝を飾る得意の「フェニックス・オープン」(31日開幕、アリゾナ州)。ティーショットとアイアンの2つの武器でV争いが期待される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年1月29日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュース

次に読みたい関連記事「畑岡奈紗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュース

次に読みたい関連記事「石川遼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。