【ボクシング】尾川堅一の復帰を支えた夫人の“1000個のビーズ”

【ボクシング】尾川堅一の復帰を支えた夫人の“1000個のビーズ”
尾川は夫人特製のTシャツを手に笑顔

 2日に東京・後楽園ホールで行われたスーパーフェザー級10回戦で、元日本スーパーフェザー級王者の尾川堅一(31=帝拳)が約1年2か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。ライト級フィリピン王者のロルダン・アルデア(24)に3―0で判定勝ち。天国から地獄に突き落とされた男の再起の支えとなったのは、夫人の千人針ならぬ“1000個のビーズ”だった。

 一昨年12月に米ラスベガスで行われたIBF世界Sフェザー級王座決定戦でテビン・ファーマー(28=米国)に勝利したものの後に薬物違反が発覚し、試合は無効。陽性となった原因はアトピーの塗り薬と思われたが、これを立証することができずにネバダ州コミッションから6か月、日本ボクシングコミッションからは1年のライセンス停止処分を受けていた。

 その処分が解除されての初戦。「最悪のこととか考えて、夢にも出てきた。今までは『勝って当たり前』と思ってたから、そんなことはあまりなかった」というほどの緊張に襲われていた。

 それを支えたのが夫人の手作業だった。この一戦に向けて製作された「CRUSH RIGHT」とプリントされたTシャツにキラキラ輝くビーズを「一個一個ボンドで貼りつけてくれたんです」(尾川)。その数は約1000個。再起を願う妻の思いが、かつてないプレッシャーに襲われた夫を勇気づけた。

 久々のリングはダウンを奪えず、やや物足りない結果になったが「最低限、勝つことはできたので、今年は勝負をかけたい」。出直しへの決意を込めた尾川は家族とともに再び頂点を目指す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ボクシング 井上尚弥
東スポWebの記事をもっと見る 2019年2月4日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柔道」のニュース

次に読みたい関連記事「柔道」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュース

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。