戦場ジャーナリストが日本から消える? 常岡氏“永久出国禁止”受け怒り「外務省は取材の意義理解してない」

戦場ジャーナリストが日本から消える? 常岡氏“永久出国禁止”受け怒り「外務省は取材の意義理解してない」
フリージャーナリストの常岡浩介氏

 世界各地の紛争地や危険地を取材しているフリージャーナリストの常岡浩介氏(49)が、外務省から旅券返納命令を受け、事実上の“永久出国禁止”となったことが判明し、波紋が広がっている。4年前にもシリアへの渡航を計画したフリーカメラマンが同様の措置になっており、またも起きた外務省の異例の対応に、常岡氏は「戦場ジャーナリストが殲滅(せんめつ)される」と危機感を募らせている。

 河野太郎外相は5日の記者会見で「外務省が旅券返納命令を出したのは適切だ」との認識を示した。常岡氏が反発していることに関し「不服があれば、訴訟などの手段が保障されている」と強調。一方で「身の危険を顧みず、危険な場所で取材をされるジャーナリストには敬意を表したい」と述べた。

 常岡氏は今月2日夜、羽田空港から出国する予定だった。カタール、スーダンを経由し、内戦が続いているイエメン入りし、現地で飢餓問題の取材を計画していた。ところが、羽田空港の出国審査場で、入国管理局職員から「旅券返納命令が出ている。旅券が有効になっていない」と通告され、同日付の返納命令書を渡された。そこには「旅券法第13条第1項第1号」に違反したとの理由が書かれていた。

 常岡氏は先月もオマーン経由でイエメン入りしようとしたが、オマーンのマスカットで入国を拒否され、強制送還されていた。外務省はこの入国拒否の事実で、旅券法に抵触するとして返納を命令した形だ。入国拒否自体は珍しいことではないが、返納命令は異例ともいえる措置だ。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年2月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。