日本人3人監禁恐喝男 タイで急死の不可解

 日本人の男女3人を監禁し、約1100万円を奪ったとして逮捕されていた韓国人の黄健一(ファン・ゴニル)容疑者(27)が、タイの留置場で死亡した事件で、現地できなくさい噂が浮上している。タイ警察が「黄容疑者が死亡した」と発表したのは死後7日たった10日のこと。この不可解な“時間差”に、一部で「関係する犯罪者グループが警察に手を回して消した」とささやかれている。かつてはワイロが横行していたというタイ警察だが、容疑者を抹殺することなどできるのか?

 黄容疑者は昨秋、出会い系サイトで知り合った山口県出身の女性(24)をバンコク都心部のマンションに監禁、暴行を加え、女性の両親に送金させ、約200万円を奪ったとされる。

 さらに女性の弟(21)とその知人男性(21)もタイに呼ばせて、彼らも監禁、暴行。日本から送金させ、弟から約800万円、弟の知人から約80万円を奪った疑いを持たれていた。
 
 被害女性が監禁先のマンションから逃げ出し、日本大使館に駆け込み事件が発覚。黄容疑者は暴行や監禁容疑で1月28日に逮捕され、31日には別の警察署に移送された。その後、留置場で3日に心臓発作を起こして急死したという。

「タイの留置場はたいてい警察署の2階にあり、コンクリート造りのシンプルなもので、鉄格子がはめられている。その外側にはまた鉄格子があって、見張りの警官がいます」と話すのは「バンコクアソビ」などの著書があり、刑務所事情に詳しいタイ在住のライター・髙田胤臣氏。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本人3人監禁恐喝男 タイで急死の不可解」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    よくやったタイ警察

    8
  • 匿名さん 通報

    点数稼ぎの為にバックパッカーを狙って薬物を売り去った後に、別の同僚らに捕縛させ合うなどしてた時代を見知ってる者から言えるのは、鬼畜侮日敵対国民を駆除した労を労いたいほど。

    2
  • 匿名さん 通報

    警官に賄賂を渡せば見てみぬ振りしてくれたのにね、って思うよ。だってタイは貧しい国民が多いんだから。向こうでは金が全てみたいなものがあるし。

    0
  • 匿名さん 通報

    羽振りが良かったのと自称LGの会長だか孫と言っていた事から、それが本当なら韓国政府、企業側による暗殺。 嘘だった場合は詐欺グループによる内輪揉めの末消された。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。