岸部清さん告別式に新沼謙治ら参列 大ヒット「嫁にこないか」裏話披露

 11日に心不全で死去した、芸能事務所「第一プロダクション」(2017年解散)の代表取締役社長の岸部清さん(享年88)の葬儀・告別式が19日、東京・青山葬儀所で営まれ、所属した歌手の千昌夫(71)、新沼謙治(62)、西郷輝(72)、森口博子(50)ら約300人の芸能関係者が弔問に訪れた。

 デビューした1964年に所属した西郷は、芸名を岸部さんから名づけられたといい「鹿児島出身だから『西郷でいいだろう』と。最初は『西郷一(はじめ)』だったけど、頭でっかちで倒れそうということで父親に輝彦とつけてもらった。社長のご自宅にも居候させていただいた」と振り返った。

 しかし、その翌年には第一プロから独立。自身の25周年パーティーに岸部さんを招待し、所属したばかりで独立したことをわびたという。「『申し訳ありません』と言ったら、『お前が立派にやってくれていること、それで終わりだ』と言ってくださった。器の大きい方だなと思いました」

 新沼は、日本テレビ系オーディション番組「スター誕生!」をきっかけに、事務所に所属。「右も左も分からない自分を見いだしてくれたから、今の自分がある。芸能界の父親」と感謝した。

 続けてロングヒットとなり、76年の「第18回日本レコード大賞」新人賞を獲得した代表曲「嫁にこないか」の秘話も披露。「19歳の時に(デビュー曲の)『おもいで岬』が売れて、社長も若い女の子たちが僕を追っかけてくるとは思わなかった。アイドルみたいになってたから、女の子を意識して演歌っぽくない『嫁にこないか』を2曲目(のシングル)にした。僕はまだ20歳で、結婚するつもりもなかったから『なんでこの曲なんですか?』と思いました」


あわせて読みたい

気になるキーワード

新沼謙治のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る 2019年2月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「佐藤七海」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤七海」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「立花あんな」のニュース

次に読みたい関連記事「立花あんな」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「いしだあゆみ」のニュース

次に読みたい関連記事「いしだあゆみ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。