死去・笑福亭松之助さんとさんま師弟秘話 独特だったふたりの関係

死去・笑福亭松之助さんとさんま師弟秘話 独特だったふたりの関係
14年3月の六代目桂文枝(左)の襲名披露公演には松之助さん(中)、さんまが駆け付けた
       

 上方落語界の最長老で、タレント・明石家さんま(63)の師匠として知られる落語家笑福亭松之助さん(本名・明石徳三)が22日、老衰のため、入院先の兵庫・西宮市の病院で死去した。93歳だった。さんまが日本一のタレントに成長したのは、松之助さんの指導のおかげだと言われている。その関係は、厳しいことで知られる落語家の師弟関係とはかけ離れた、独特のものだったという――。

 松之助さんは兵庫県神戸市出身。1948年、五代目笑福亭松鶴に入門。落語だけでなく、宝塚新芸座の座員となり喜劇役者としても活動。吉本新喜劇にも参加し、「明石光司」の名前で脚本も書いた。俳優として、映画「岸和田少年愚連隊」や「パッチギ!」、NHK連続テレビ小説「ほんまもん」「まんてん」などで活躍した。

 高齢になってもマスターズ水泳で優勝するほど健康で、2016年には自らの半生をつづった著書「草や木のように生きられたら」を出版した。

 何よりも有名なのが、さんまとの師弟関係だ。「落語家の師弟といえば、厳しくて当たり前。当時は特に、いま以上理不尽に怒られるのが当然だが、松之助さんはさんまさんをノビノビと育てた」(演芸関係者)

 弟子入りする際にも、松之助さんが「なんで僕を選んだんや?」と聞いたところ、さんまは「師匠、センスありますから」。普通なら怒って当然だが、松之助さんは怒ることなく「褒めていただいてありがとう」と応じたという。

 修業時代、さんまは松之助さんの家に住み込んでいたが、「当時から要領が良かったさんまさんは、師匠が仕事に出かけると、また布団に入って二度寝していたそうです。しかも松之助さんも息子さんに聞いて、そのことを知っていたが、知らないふりをして怒らなかった」(同)。


あわせて読みたい

明石家さんまのプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュース

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。