心不全で死去 イラストレーター・レオ澤鬼氏の豪快と繊細

 点描画で知られるイラストレーターのレオ澤鬼氏が今月15日に心不全で亡くなっていたことが分かった。70歳だった。本紙の過去連載「玉門占い」を代表作とし、数々のエロチックな作品を生み出した巨匠の素顔とは。弟子のライターでイラストレーターの村田らむ氏(46)が明かした。

 かつて本紙で好評連載された「玉門占い」でそっくりすぎる女性芸能人の裸体のイラストを担当し、大沢在昌氏の「新宿鮫」シリーズの挿画なども手掛けた澤鬼氏が亡くなったのは15日のこと。近親者だけの葬儀は18日に執り行われた。

 23年前に澤鬼氏に弟子入りした村田氏は出版業界で唯一、葬儀に参列した。村田氏によると、東京・池袋を拠点としていた澤鬼氏は妻や子供とともに茨城県に移住して暮らしていた。

 2016年3月19日、脳出血で倒れたことをきっかけに、体を壊してしまった。療養生活は長期に及び、最期は心不全で亡くなったという。晩年は静かな生活を送っていたが、村田氏は師匠の優しく豪快な人柄をしのぶ。

「絵は繊細だったが、お酒はガブガブ飲んでいた。ゴールデン街や自宅近くの要町の居酒屋とかでね。東スポOBの方ともよく酒席をともにしていた」。突然の訃報に「寂しい限りです」と悲しみを隠せない。同業者の西村春海氏も仲の良い飲み友達だったが「グーで殴り合いのケンカをして互いに顔をボコボコにすることもあったが、そのまま仲良く飲んでいた」(村田氏)とワイルドだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク