羽生結弦 世界選手権で300点超えも2位に

記事まとめ

  • 23日、フィギュアスケート世界選手権第4日、男子フリーが行われた。
  • ショートプログラム3位発進の羽生結弦は206.10点をマークして合計300.97点と伸ばしたが、2位に。
  • 世界初の300点超えを果たしたが、そのさらに上をいくアメリカのネーサン・チェンに一歩及ばなかった。

【フィギュア世界選手権】羽生300点超えも2位 ネーサン・チェンが圧巻の演技で連覇

【フィギュア世界選手権】羽生300点超えも2位 ネーサン・チェンが圧巻の演技で連覇
羽生結弦

 フィギュアスケート世界選手権第4日(23日、さいたまスーパーアリーナ)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位発進の羽生結弦(24=ANA)が206・10点をマークして合計300・97点と伸ばしたが、2位に終わり、2年ぶり3回目の優勝はならなかった。

 優勝は前回王者のネーサン・チェン(19=米国)。SPに続いてフリーもトップの216・02点をマークし、現行ルールでは世界最高の合計323・42を叩き出し連覇を決めた。平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は3大会連続の表彰台を狙ったが、合計270・32点で4位だった。

 SP終了時点で首位チェンとの差は12・53点。「経験値はたくさんある」と巻き返しを誓っていた羽生は、逆転Vのカギを握るフリー冒頭の4回転ループを確実に決め、続く4回転サルコウではバランスを崩すも、何とかこらえる。その後は危なげなくほぼノーミスで演技を終了。世界初の300点超えを果たしたが、そのさらに上をいくチェンに一歩及ばなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フィギュアスケート ルール改定
  2. フィギュアスケート 女子
東スポWebの記事をもっと見る 2019年3月23日のスポーツ総合記事
「【フィギュア世界選手権】羽生300点超えも2位 ネーサン・チェンが圧巻の演技で連覇」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    あのものすごいプレッシャーの中で、あれほどの素晴らしい演技ができる羽生選手はやはり超人だと思う。 美しく可憐だけれども彼の強靭な肉体と精神は、私たちを魅了してやまない。

    2
  • 匿名さん 通報

    20点以上の差でも「一歩及ばなかった」なのですか?転んだ人の方がミスがないと思えた人より点数が高かったり、一般人にはよくわかりませんね。美の表現としての人気だけでは、長くは続かないでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    羽生選手の作品の解釈、構成、芸術的表現力に確かな技術プラスアルファは、 ネイサンのジャンプ大会とは到底比較にならない。 SPが完全に成功していれば羽生が優勝していただろう。

    1
  • 匿名さん 通報

    羽生選手!たとえ怪我があったとしても、検査で安易にCTを使用しないでもらいたい。 レントゲンは0.06mSVだが、CTは5msv~30msvもの被ばく。つまり100倍~500倍の被ばく量。要注意!!

    1
  • 匿名さん 通報

    門外漢の意見として。競技として成立するものなのか?いつも思う。飛んだ、転んだでいつの騒いでだけジャン。スケートできない俺にも難しさだけは分かるけど土佐の阿波踊りにしか見えないねー。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事

「フィギュアスケート + ルール改定」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。