【“剛腕”郷原のGI指南「大阪杯」】休み明け組ワグネリアン、ブラストワンピース、キセキが面白そう

【“剛腕”郷原洋行元騎手のGI指南「大阪杯」(31日、阪神芝内2000メートル)】こんにちは、郷原洋行です。

 今週は先週に引き続き古馬のGⅠが行われます。ただし、先週の高松宮記念が1200メートル戦だったのに対し今週の大阪杯は2000メートル。道中少々のアクシデントがあっても挽回可能な距離になる分、先週よりは無難な結果が予想されます。

 私が現役ジョッキー時代の阪神競馬場は現在よりも極端なおむすび形でした。どちらかというと直線の短い小回りコースという印象もありました。それだけにスタートは大切で、実際、前へ行った馬の有利なコースだったはずです。

 ところが現在はどちらかといえば大きな競馬場に分類されるのではないでしょうか。直線は長く、上り坂もあります。以前とは全く違う形態と言ってよく、東京競馬場ほどではないものの、差し、追い込みも決まる競馬場へ変貌を遂げました。

 そんな舞台で一昨年からGⅠとなった2000メートル戦がこの大阪杯。一昨年はキタサンブラックが勝ち、昨年はスワーヴリチャードが優勝しました。いずれも1番人気に応えての勝利。実力の出しやすいコースに変わったので、それなりの馬が勝つようになった気がします。

 しかしながら、今年は少々難しい点がひとつあります。それは有力馬、それもかなり有力と思える馬の多くが休み明けだということです。

 昔はGⅠ級のレースが少なかったことや、オープンの平場なんていうレースもあり、ビッグレースの前に叩き台として1戦もしくは2戦使うのが当たり前でした。しかし、現在は大きく流れが変わった気がします。GⅠ級のレースが増えたことで、連続してGⅠを使う時の疲労度合いを考慮して、プレップレースを使わない。休み明けでいきなりGⅠに出走するというケースが増えてきたと思います。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年3月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュース

次に読みたい関連記事「ブラストワンピース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シュヴァルグラン」のニュース

次に読みたい関連記事「シュヴァルグラン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。