六本木「ナイジェリア人支配」のウラ 薬物販売バー摘発で4人逮捕 なぜ増殖?経緯を追う

六本木「ナイジェリア人支配」のウラ 薬物販売バー摘発で4人逮捕 なぜ増殖?経緯を追う
ナイジェリア人の客引きが多い六本木の通りとネオンきらめくかいわい(イメージ写真)

 六本木で違法薬物販売の拠点とみられるバーが摘発された。警視庁は12日までに、東京・港区六本木のバーの店長ワディカチェレ・アゴモ・オースティン容疑者ら、ナイジェリア国籍の男4人を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。薬物が小分けされたイラスト入りのカラフルなパッケージは“麻布パケ”と呼ばれ、六本木周辺で出回っていた。都内の繁華街ではナイジェリア人の客引きが問題視されているが、増殖の経緯を追った。

 オースティン容疑者らは店内で覚醒剤1・7グラム(末端価格10万円)を販売目的で所持。コカイン(同18万円相当)も見つかっている。警視庁は店が薬物の販売拠点になっていたとみている。

 六本木ではここ数年、ナイジェリア人の客引き、ボディーガード、バーやクラブ経営が目立つ。特に客引きは、しつこくつきまとうこともあるため、問題になっていた。警視庁は違法な客引きに対し、風営法違反容疑で摘発してきたが、いたちごっこが続いている。

「ナイジェリア人は六本木のほか、新宿歌舞伎町、錦糸町などに拠点を持ち、客引きをした日本人を酔わせてぼったくったり、ATMで金を引き出させる、財布から現金を盗むなど、連中の店に入ったら大変なことになるというのは、いまや街の常識」とは飲食店関係者だ。

 それにしても、なぜここまで幅を利かせているのか。その裏には、ある伝説のナイジェリア男性Xの存在があった。六本木のある黒服は「現在、路上で客引きなどができる外国人はナイジェリア人に限られています。本国では仕事もなく、家族を養えないナイジェリア男性が、カネを稼いで本国に送るのが目的で、大量に来日したのが25年くらい前のこと。イラン人が仕切っている上野周辺を見たナイジェリア男性Xが、六本木をナイジェリア人仕切りにするために動いたといわれています」と語る。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年4月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら