帝王・高山善廣が病床で激白「ファンの前であいさつしたい」

帝王・高山善廣が病床で激白「ファンの前であいさつしたい」
高山は“帝王節”を炸裂させながら胸中を語った

 頸髄完全損傷でリハビリ中の帝王・高山善廣(52)が本紙のインタビューに応じ、現在の心境を激白した。あの事故からもうすぐ2年。一時は「死」を覚悟しながらも家族、仲間、そしてファンに支えられ奇跡の“復活”を目指す。「プロレス夢のオールスター戦」(東京スポーツ新聞社主催)から40年となる8月26日には東京・後楽園ホールで2回目の高山支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE」が開催されることも決定。長い闘いを続ける帝王は今、何を思うのか――。

 ――5月4日であれから2年だ

 高山:早いね。あの直後は「何で生きているんだろ」って思っちゃった。正直ね、「このまま死んじゃったほうが楽だ」と思った。なんか重くなっちゃうよ、こんな話したら。今でこそ自分の手と足があることは分かるんだけど、意識が戻ったばかりのころは体が全くないと思ったくらいだった。下を向けないから、目でも確認できない。それくらいひどい状態だった。だから「あーあ。ダメじゃん。もう終わりじゃん」しかなかった。そのほうがミッキー・ロークの映画(※注1)みたいに格好よく終われたじゃん。

 ――どう気持ちを切り替えたのか

 高山:奥さん(奈津子夫人)にその言葉をボヤいちゃったんだ。そうしたら「(12歳の)子供もいるんだから、そんなこと言わないで!」って。なんか申し訳なかったね。あと子供がさあ、俺が倒れたと聞いた時、うずくまって動かなくなったと聞いてね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高山善廣 ドラマ
  2. 高山善廣 事故
  3. 高山善廣 鈴木みのる
東スポWebの記事をもっと見る 2019年4月17日のスポーツ総合記事
「帝王・高山善廣が病床で激白「ファンの前であいさつしたい」」の みんなの反応 2
  • 大田区246000 通報

    奥本ゆりの紋章会社絵文字顔文字

    0
  • 匿名さん 通報

    候補70人五千票二十人四千票二十人三千票二十人六百票十人表んい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高山善廣 + 鈴木みのる」のおすすめ記事

「高山善廣 + 鈴木みのる」のおすすめ記事をもっと見る

「高山善廣 + 事故」のおすすめ記事

「高山善廣 + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら