猪木が18歳ムエタイ2冠王者・吉成名高を祝福

猪木が18歳ムエタイ2冠王者・吉成名高を祝福
猪木氏は18歳の吉成(左)とともにポーズ

 昨年12月に日本人として7人目のムエタイ最高峰ラジャダムナンスタジアム王座を国内史上最年少の17歳で奪取したミニフライ級の吉成名高(18=エイワスポーツジム)が14日にもう一つの殿堂であるルンピニースタジアム王座を日本人で初めて戴冠したことで、アントニオ猪木氏(76=参院議員)への公開報告会が25日、都内で行われた。

 吉成は2017年の格闘技イベント「INOKI ISM.2」に抜てきされてから強くなれたと感じており、このダブル戴冠の快挙を誰よりも猪木氏に伝えたかったという。「格闘界の第一人者であるアントニオ猪木さんに勝利の報告をすることができて本当にうれしく思っています」と緊張の面持ちで語った。

 猪木氏は「素晴らしいこと。来年五輪も控えて、元号も変わるという新しい時代に向けて、やってきたことをこれからもっと大きく花を咲かせてほしい」と笑顔でエールを送った。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年4月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。