【京都新聞杯】ブレイキングドーン ラスト12・0秒で先着「ダイナミックな動き」

【京都新聞杯(土曜=4日、京都芝外2200メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】ブレイキングドーンはウッドでカフジキング(古馬1000万下)に先着。ゴール前は一杯に追われてラスト12・0秒と力強いフットワークを披露した(6ハロン82・2―38・4秒)。

 中竹調教師「ダイナミックな動きでした。今回はチークピーシーズを装着することで集中して真面目に走ってくれれば」

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。