【POG】藤沢和調教師が「すごく利口」と評価するレイデオロ半弟アブソルティスモ

【POG】藤沢和調教師が「すごく利口」と評価するレイデオロ半弟アブソルティスモ
早期デビュー予定の大物アブソルティスモ
       

【POGマル秘週報】5日にNHKマイルCが終わり、3歳世代の春のGIもオークス、日本ダービーを残すのみになった。その意味では古馬牝馬のヴィクトリアマイル(日曜=12日、東京芝1600メートル)がメインの今週末は、当欄としてはクライマックスを前にした最後の〝谷間〟。加えて、9日に本紙別冊「ザッツPOG」の発売直前とも重なり、このタイミングでひと足先に現状の注目2歳馬に触れてみたいと思う。

 筆者の取材地である美浦トレセンに関して言えば、ゴールデンウイーク前あたりに急激に2歳馬の数が増加。桜花賞→NHKマイルCの変則2冠達成こそならなかったグランアレグリアが、昨年の新馬戦開幕週の快勝からそのキャリアをスタートさせたのが顕著な例で、クラシックを意識した場合の早期デビューの必然性は疑いようがない。今後ますます、この傾向が強くなるだろう。

 そのグランアレグリアを擁した藤沢和厩舎には、今年も開幕週のデビューを意識する2歳馬がすでに調整のピッチを上げつつある。アブソルティスモ(牡=父ダイワメジャー、母ラドラーダ)、モーベット(牝=父オルフェーヴル)の2頭で、前者がレイデオロの半弟、後者は母アイムユアーズなら血統面の説明は不要だろう。両者はノーザンファームが生産、育成を手がける点でもグランアレグリアと同じ。POGの枠にとどまらない〝必勝法〟とでも言おうか。その信頼度の高さには揺るぎないものがある。

「(同じダイワメジャー産駒の全兄)ティソーナと違って子供っぽいところがなく、気持ちの面ですごく利口な馬。これはちょっといいんじゃないか」とはアブソルティスモについての藤沢和調教師の弁。モーベットも「早い段階でゲート試験に合格して、落ち着きも出てきた。いい調教ができている」と、こちらも順調そのもの。真の評価はさらに調教ピッチが上がってからになるが、ひとまず所属厩舎やオーナーにおけるバックボーンで〝走る条件〟をクリアする2頭から目が離せない。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レイデオロ」に関する記事

「レイデオロ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レイデオロ」の記事

次に読みたい「レイデオロ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。