コンビニ販売中止・エロ本難民どこへ行く 5月号で休刊「俺の旅」編集長が解説

コンビニ販売中止・エロ本難民どこへ行く 5月号で休刊「俺の旅」編集長が解説
「俺の旅」5月号を持ち歌舞伎町にたたずむ生駒氏

“元気な男たち”にとっては、深刻な問題だ。この夏、エロ本がコンビニから消えてしまう。大手コンビニがこぞって成人向け雑誌の販売を取りやめると表明して約3か月。8月末をメドにコンビニからエロ本がなくなる。これも世の中の流れ、と言ってしまえばそれまでだが…。本紙にもたびたび登場した風俗情報誌「俺の旅」(大洋図書)も4月発売で休刊。エロ本を手軽に買えなくなった「エロ本難民たち」の漂流の行く末は?

 コンビニの雑誌コーナーは多くの人が利用したことがあるだろう。その奥に成人向け雑誌が隔離されるように置かれているのだが、ついに複数の大手コンビニから8月末をメドになくなる。

 ミニストップが2017年末から順次、販売を中止。今年1月、セブン-イレブン・ジャパンとローソン、ファミリーマートが成人向け雑誌の販売を8月末までに原則、中止するとした。国内の9割超のコンビニで取り扱いがなくなることになる。女性や子供、外国人観光客への配慮だという。

「俺の旅」も影響は避けられず、4月発売の5月号をもって休刊となった。

 編集長の生駒明氏は「コンビニで9割を売っていたので休刊はやむを得ませんでした。正直、潮時です。コンビニの判断は当然でしょう」とさっぱりした表情で話した。15年9か月続いた「俺の旅」は最高で8万部を超える売れ行きだったが、最近は下がっていたという。

 ほかの成人向け雑誌も同様に決断を迫られている。将来の展望を描けず廃刊するものや、過激なエロをやめてソフト化路線を推し進め、一般雑誌の棚を目指すものなどに分かれている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月11日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマーケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デパート」のニュース

次に読みたい関連記事「デパート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュース

次に読みたい関連記事「家電量販店」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。