日本人男性がヒマラヤで目撃した体長150センチの異形イエティ

日本人男性がヒマラヤで目撃した体長150センチの異形イエティ
小山さんが目撃した生物を自ら描いた
       

 先日、インド軍が、ヒマラヤの山中で伝説の「雪男(イエティ)」の足跡を発見したと写真付きでツイッターに投稿し、世界中のUMA(未確認生物)ファンが大騒ぎしたことは本紙既報(5月3日発行)の出来事だが、ヒマラヤでイエティと思われる生物を目撃した日本人男性がいる。札幌市在住のデザイナー・小山哲さん(56)だ。その奇妙な目撃談とイエティのイラストを公開――。

 小山さんは1991年ごろ、インド、ネパールを放浪していた。その年の5月、ヒマラヤの標高2700メートルほどにある安宿に泊まり、翌朝、単独でトレッキングを始めた。

「リバーサイドホテルという安宿から45分ほどの原生林を歩いていたときです。ふと左後ろを見たら、10メートルぐらい後ろに、前かがみで2本足で立ち、両手をぶらんと下げ、全身が黄褐色の毛に覆われた生き物がいたんです。オランウータンの毛よりも、もうちょっと明るい色の毛だった。はっきりと覚えていませんが、顔が露出していたのではなく、顔にも毛が生えていたと思います。体長は150センチほどでした」

 小山さんはイエティのことを本で読んでいたため、知識はあった。体長2メートル以上の獣人型で、雪原に現れるというものだ。イエティ=巨大な雪男。目撃したものは小さいし、場所が原生林だったので、その生物がイエティとは結びつかなかったという。

「怖くはなかったです。見たこともないサルがいるという感じでした。目と目が合って、お互い、びっくりして固まってしまいました。直後、そいつは5~6メートルぐらいピョーンピョーンとジャンプしながら、木と木の間を抜けるように林の奥に消えていきました。当時はイエティとは思わず、珍しいサルだなと思ってたんですが、後年、インターネットなどでいろいろ情報を見て、イエティだったんだと確信してます」


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。