日本ハム・ハンコック右肩腱板炎と診断 2週間はノースロー調整

 日本ハムのジャスティン・ハンコック投手(28)が12日、札幌市内の病院で精密検査を受け、右肩腱板炎と診断されたことが球団を通じて発表された。

 ハンコックは11日の西武戦(札幌ドーム)での登板中に違和感を訴えていた。今後2週間はノースロー調整で経過を観察する。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。