【全米プロ】松山「70」好発進17位 “Vへの武器”取り戻した安定感!冴えるティーショット

【全米プロ】松山「70」好発進17位 “Vへの武器”取り戻した安定感!冴えるティーショット
悲願のメジャー制覇へ、松山が調子を上げてきた(ロイター=USA TODAY Sports)

【ニューヨーク州ファミングデール16日(日本時間17日)発】男子ゴルフのメジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」(ベスページ・ステートパーク・ブラックC=パー70)初日、松山英樹(27=LEXUS)は5バーディー、5ボギーの70で回り、イーブンパーの17位と上々の滑り出しを見せた。今回は異例の3連戦で臨むメジャー。悲願の初制覇に向けて調子は上がってきた。注目のタイガー・ウッズ(43=米国)は2オーバーの51位。連覇を狙うブルックス・ケプカ(29=米国)が7アンダーで首位に立った。

 フェアウエーキープ率85・71%。ティーショットの安定感を取り戻した松山が難コースで躍動した。スタートの10番パー4では1打目、2打目をバンカーに打ち込んだものの、3メートルを沈めてパーをセーブ。続く11番パー4ではフェアウエーから残り140ヤードの2打目を4メートルにつけ、早々とバーディーを先行させた。

 しかし、そのまま順調には進まない。14番パー3で3パットのボギー。17番でもボギーとし、2オーバーで前半を終えた。「スタートは良かったけど、途中でバタバタしてしまった」。折り返しの1番パー4もボギーとし、一時は3オーバーまでスコアを落とした。

 反撃は続く2番から始まった。今回最も短いパー4で、残り130ヤードからの2打目を1メートルにつけてバーディー。4番パー5も2打目をグリーン手前のラフまで運び、バーディーを重ねる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月17日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら