幻冬舎による実売部数暴露に高橋源一郎氏、平野啓一郎氏らが猛反発

幻冬舎による実売部数暴露に高橋源一郎氏、平野啓一郎氏らが猛反発
平野氏

 出版界が大揺れだ。作家の高橋源一郎氏(68)が17日、ツイッターで幻冬舎代表取締役社長の見城徹氏(68)に異議を申し立てた。

「見城さん、出版社のトップとして、これはないよ」

 高橋氏が切り出したのは、16日の見城氏のあるツイートについてだった。
 
 見城氏は「津原泰水さんの幻冬舎での1冊目。僕は出版を躊躇いましたが担当者の熱い想いに負けてOKを出しました。初版5000部、実売1000部も行きませんでした。2冊目が今回の本で僕や営業局の反対を押し切ってまたもや担当者が頑張りました。実売1800でしたが、担当者の心意気に賭けて文庫化も決断しました」とつぶやき、作家の津原氏の著書の実売部数などを暴露した。
 
 高橋氏は「本が売れなかったら『あなたの本は売れないからうちでは扱わない』と当人にいえばいいだけ。それで文句をいう著者はいない。でも『個人情報』を晒して『この人の本は売れませんよ』と触れ回るなんて作家に最低限のリスペクトがあるとできないはずだが」と批判した。

 波紋は文壇界に広がり、芥川賞作家の平野啓一郎氏(43)も17日、「やり過ぎだろう。見るに耐えない」と見城氏に苦言を呈した。

 思想家の内田樹氏(68)は同日、「やはりここまで来たら日本の作家は『幻冬舎とは仕事をしない』ということを宣言すべきだと思います」とツイート。

 映画評論家の町山智浩氏(56)は「作家の協会は出版社に対して共同声明だしたほうがいいよ。『出版すると約束した本は必ず出す』『実売部数を著者の了解なしに公表しない』」と促した。

 津原氏は「実売は作家本人にも教えないのが基本ルール。だって作家の責任ではない」とコメントしている。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。