【イタリア国際】大坂なおみ 右手負傷で準々決勝を棄権

【イタリア国際】大坂なおみ 右手負傷で準々決勝を棄権
準々決勝を棄権した大坂(ロイター)

【イタリア・ローマ17日発】テニスのイタリア国際でベスト8に進出していた女子世界ランキング1位で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)が、同4位のキキ・ベルテンス(27=オランダ)との準々決勝を右手負傷のため棄権した。

 大坂は前日に異例のダブルヘッダーで2、3回戦を勝ち上がっていたが、4大大会3連勝が懸かる次戦の全仏オープン(26日開幕)が控えているため大事を取ったとみられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュース

次に読みたい関連記事「西岡良仁」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。