伊原六花が始球式 「球技は苦手」と言いつつストライク投球

伊原六花が始球式 「球技は苦手」と言いつつストライク投球
始球式を行った伊原六花

“バブリーダンス”で注目された大阪・登美丘高ダンス部元キャプテンの女優・伊原六花(19)が19日、中日―巨人戦(ナゴヤドーム)で人生初となる始球式に挑戦した。

 ダンスはキレッキレも「球技は苦手なんです」と苦笑い。この日に備えて野球経験者の父親とキャッチボールをするなどして練習に励んできたという。

 その成果もあって、豪快なワインドアップからの投球は、見事なノーバウンドで捕手・松井雅のミットにズバン。球速は60キロを計測し、観客からどよめきが起こった。

「すごく緊張していたけど、スタンドから『頑張れー!』という声が聞こえてきて、それで頑張れました。本当にいい思い出になったし、楽しめたので100点です」と満面の笑みを浮かべた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2019年5月19日のスポーツ総合記事
「伊原六花が始球式 「球技は苦手」と言いつつストライク投球」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    スズキ7とは大違い、カッコイイ!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。